就職前に知っておきたい!慶弔休暇とは

知っておきたいこんなこと…企業の『慶弔休暇』について

社会に出る前に知っておきたいこと!慶弔休暇もその一つ

このページでは、そもそも慶弔休暇とは何か、その意義や取得できる日数などについてご説明いたします。ただし、慶弔休暇の詳しい制度内容は、会社によって大きく異なります。まずは概要を理解しておき、就職先が決まったら、その会社での具体的な制度内容を理解していくのが良いでしょう。

そもそも慶弔休暇って?

就職。
それは、人生の中でも非常に大きな転機の一つです。

進学なども大きな転機ではありますが、やはり学生から社会人へとステップアップする『就職』はライフスタイルが大きく変わる重要な転機の一つと言えるでしょう。

これから就職のときを迎えるという学生の方は、ビジネスマナーなど覚えることが多くて大変!だと思いますが、他にも忘れないでおいてほしいことが…。

それは、慶弔休暇の存在です。

学生の間も忌引きなどを利用したことがある方がいらっしゃるかもしれませんが、社会人として慶弔休暇を利用する場合、やはりいくつか気をつける点が存在します。

特に、訃報などは本当に突然やってくる場合もありますから、いざというときに慌てないよう、早めに制度をチェックしておきましょう。

なお、慶弔休暇に関する細かい規定は、会社によって大きく異なります。
このサイトでは、一般的な慶弔休暇の制度について解説していますが、就職が決まった後には、必ずあなたが就職する会社にある制度を確認しましょう。

「一般的にはこうだけれども、うちの会社ではこういう風になっている」
というその会社独自の規定が存在するかもしれません。

就職した直後は仕事で覚えることも多く、大変な時期だと思いますが、何よりご自身のいる会社の制度を知っておくことが一番大切です。

まずはこのサイトで慶弔休暇の基本を確認しておき、就職後には自分の会社での規定を確認する。
この2ステップを忘れないようにしましょう。

それでは、『そもそも慶弔休暇とは何か』という点から順番に見ていきたいと思います。

慶弔休暇の取り方

慶弔休暇の取り方は、お祝い事か、お悔やみ事かによっても異なります。事前にわかっている場合には、できるだけ早く慶弔休暇の申請を出した方がよいでしょう。困ってしまうのは、多くの場合、お悔やみ事のときのはずです。そんなときの対応方法について確認しておきましょう。

慶弔休暇を取るときに気をつけたいこと

慶弔休暇は、人生の大切なときのために使う休暇。といっても、あなたが休んでいる間も会社は動き続けていますから、あなたがいない間頑張ってくれている上司や部下、同僚の方などへの配慮も大切にしましょう。最後にこのページでは、慶弔休暇を利用する際に覚えておきたい注意点や配慮などについてご紹介していきます。

TOPへ戻る